2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

カマスの御寿司

今日も季節を感じさせる。
魚が英多郎にやってきました。

「魳(かます)」です

魳と聞いてもあまり馴染みがないかとおもいます
魳の身はタンパクで白っぽく脂があるのですが、
水っぽいため、通常は干しものや、揚げ物などに加工します。

しかし当店では、これを寿司でいただくために一工夫ほどこします。


 
江戸前の技『昆布〆』

これをすることによって、水分を昆布に吸わせ
身を引き締めることによって寿司ネタとしてつかいます。

kaasu

最後に皮と身の間の脂と、香ばしさを楽しむために軽くあぶり、

kamasu


最高の一貫出来上がりです。
この皮を焦がした香ばしさと昆布の味のブレンドは、技有り、としか言いようがありません


この、英多郎寿司の技を是非御自身の舌で感じてみて頂きたいとおもいます。

| 未分類 | 16:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温かいぬくもりいかがですか?

秋もまっただ中
だんだん寒さを感じる日が増えております。

そんな日は、「さっぱりと生物を食べたい!」と感じにくいかもしれません。
そこで今回、ご紹介させていただく一品は

   「甘鯛の酒蒸し」

長崎産の釣りものをつかった贅沢な一品です。

amadai

甘鯛の名前の由来は、その字の如く甘い身の質からきております。
その身を酒と塩で引き立たせてた料理になります。


当店では、身も心もあったまっていただけるような料理をご用意して
御来店おまちもうしております



| 未分類 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年2本目の鮭児が入りました。

keizi2

ようやく秋本番!
鮭たちも故郷の川に帰るため必死に泳いででおります。
そんな中、またしても10000万本に1本の奇跡が舞い降りました。
今年2本目の鮭児でございます。
羅臼産3.4キロ物でして前回の鮭児を上回る代物となっております。

是非とも御賞味してみてください。

| 未分類 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新!自家製玉子焼き


英多郎に来られたことがある方なら、一度は口にしているであろう

自家製玉子焼き

この英多郎の看板メニューの一つである玉子焼きが
今回新たに卵を厳選し茨城県産のものを使うことにより、
よりいっそ美味しくなりました。

tamago

材料は、卵・シバエビ・大和イモ・特製甘出汁と、けして小麦粉やベーキングパウダーなどの
膨らみ粉系統はいれておりません。
なぜここまで膨らむかと申しますと、
やはり卵自体の鮮度の良く、しっかりとした卵を使ったためなのです。

他ではない英多郎の味をぜひお楽しみください。

| 未分類 | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月