2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

宮城産 蝦蛄


毎日蒸し暑い日々が続いていますね。
体調を崩しやすいですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。


今日も英多郎に旬の美味しいお魚がやって来ました。


「宮城産シャコ」です。


syako1


写真から分かるように、英多郎では生きたシャコを仕入れています。


お皿からはみ出るほど活きが良いシャコは
そのままボイルします。


syako


そして熱々のシャコの殻を丁寧に剥いて完成です。


syako2

最近は冷凍のシャコが増えていますが、
生のシャコをボイルして使うことで
水っぽくなくとても旨味があります。

甲殻類は火が入ると、より一層旨味が引き立つので、
火で炙り甘ダレをつけて、握りでお召し上がりいただきます。

syakonigiri


口にいれるとフワっととろけてしまい
何度も食べたくなります。
こんな美味しいシャコは初めてと思う方も
少なくないのではないでしょうか。

また、ツメまで丁寧に剥いてお出しいたします。


syakotume


英多郎でしか食べられない「極上」を
是非一度お召し上がり下さい。

| 未分類 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旬の光物三種

本日も英多郎に美味しいお魚がやってまいりました。


手前から時計回りに
「岩手産 生にしん」
「淡路島産 釣り鯵」
「神奈川産 真鯖」です。


hikarimono

仕込みを丁寧にしているため骨が気にならず
光物特有の臭いもないため、
薬味無しでお召し上がりいただきます。

苦手意識を持っている方にこそ
英多郎で食べていただきたいこの「三貫」

是非一度ご堪能下さい。



| 未分類 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

十四代 備前雄町

本日は貴重なお酒が英多郎にやって来ました。

十四代 純米吟醸
「備前雄町」です。

omati

十四代の特徴でもある口に広がる
「フルーティーな香り」

その香りを残しつつも、
コクのある作りに仕上がっています。

…実は大将おすすめの逸品なのです。

その他
純米大吟醸「龍泉」
中取り純米「無濾過」
玉返し「本丸」が
入荷しております。

tumami

「美味い酒と旨い肴」

英多郎ならではの最高のひとときを
是非お過ごし下さい。

心よりお待ちしております。



| 未分類 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A5前沢牛

今日は英多郎に最高の肉がやって来ました。

「前沢牛」です。

nikudama

脂があっさりとしていて肉質が軟らかいため
とても握りに合います。

英多郎は魚以外にもこだわっています。
「前沢牛の最高のA5」

その中でも400kgの牛から1~2kgしかとれない
シンタマの「トモ三角」を仕入れました。

nikunigiri

今回は特製醤油をつけて炙り、
かぼすでさっぱりとお召し上がりいただきます。

脂身を溶かすことによって
赤身本来の旨味を引き立たせるのです。

肉と醤油の香ばしさは
まさに
「極上のコンビネーション」

nikuaburi

見ての通り、贅沢にも脂がたっぷり乗っているため
バーナーで炙ると脂に炎がつきます。

また、肉の脂が強くて弾いてしまうため
特製醤油は先につけるのが鉄則です。

脂がたっぷり乗ってる証拠ですね。

口の中に広がる「極上の旨味」を
是非一度カウンターでご堪能下さい。




| 未分類 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本一の蛤

本日も季節を感じる旬の魚がやって来ました。

「鹿島産蛤」です

春から初夏にかけてが旬ですが、
特に6・7月は身がしっかりした大きい貝が捕れます。

昔は千葉や三重の蛤が有名でしたが、
今では茨城の鹿島が
日本一大きく、美味しい極上蛤の産地です。

英多郎では、味付けした熱い煮汁をかけ
急激に冷ます煮びたしをすることにより、
身が硬くなるのを防ぎます。

特製煮ツメとゆずをかけ、
シャリを覆い尽くすほど大きな蛤を
贅沢に丸ごとお召し上がりいただきます。

hamaguri

余談ですが、
蛤の吸い物が結婚式やひな祭りに出るのは
「よい伴侶にめぐり合えるように」と願掛けしているそうです。

是非大切な記念日やお祝いに
縁起の良い「極上の味」をお召し上がり下さい。

| 未分類 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月