2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

大分産 「関鯵・関鯖」

本日も英多郎に最高の逸品がやって参りました。


大分産 「関鯖・関鯵」です。
sekisaba


大分の豊後水道でとれる魚は水流が荒く、身が引き締まっています。
又、活きているまま築地に運ばれてきてその場で活〆するため、
他の場所で釣れる光物とは鮮度が全然違います。


sekiaji


釣りたてのように身がプリプリしているため
鯵はそのまま、鯖は酢〆をしないでたたきでお召し上がり下さい。


sekinigiri


魚の旨味が凝縮されていて、鯵は白身のような食感が味わえます。
鯖は脂が乗っているため、口に入れるととろけてしまいます。


英多郎の新しい「極上」を是非一度お召し上がりください。

| 未分類 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月