PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鯛を超える鯛

きょうもまた、英多郎寿司に季節を感じさせる
おさかながやってまいりました。

「甘鯛」です。

ama


長崎産の2kgの品でして
一本釣りものとなっておりまして
今年一番の甘鯛といっても過言ではありません。
一本釣りものは編物とは違い、
魚自体をあまり傷つけずデリケートに扱うため良質なものがあがるのです。

甘鯛は鯛といっても鯛の仲間ではなく
いわゆる「あやかり鯛」の一つ
しかしながらその味は、鯛にも引けを取らぬモノ
その名のとうり、味は鯛にはない
「甘さ」
があり、その独特の舌触りはやみつきになる方も多い

しかし

この魚には一つだけ欠点があるのです。
それはその身に含む水分の量
その、みずみずしい身が寿司ネタとして邪魔になるのです。

なので英多郎では江戸前寿司の必殺技を使います。

昆布〆

これをすることにより甘鯛のみから余分な水分が抜け
昆布のうまさが甘鯛の身にしみこむのです。

amaama


この状態を真空で2日間熟成し最高のものと仕上げます
是非この味をご自身の舌でご堪能ください。

| 未分類 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eitarouzushi.blog39.fc2.com/tb.php/216-3e8cecdf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT